みみ・はな・のどのことは佐賀県武雄市のメリーランド武雄内の「くさの耳鼻咽喉科」へご相談ください。

耳鼻科用CT

ct

耳鼻科用CTについて

耳鼻科用CT(コーンビームCT)導入しました。
※当院のCTは純日本製のコーンビームCTです。総合病院にあるCTは通常、ヘリカルCTです。
※当院のCTは2016年5月より運用しています。

コーンビームCTの特徴

1.検査時間は約1分。実際の撮影時間は16秒程度

2.ヘリカルCTと比較して、被ばく量が極端に低い

3.鼻や耳の撮影に関してヘリカルCTと同等の診断が可能です。
注)脳や頸部(甲状腺や唾液腺、頸部リンパ節などに対する性能は低いですので、そのような部位の異常が疑われる時は、総合病院のヘリカルCTを撮影して頂かなければなりません。

4.ヘリカルCTと比較して、撮影費用が安い
3割負担の方でご説明します。CT撮影にかかる料金は、ヘリカルCTが4,500~4,000円に対して、コーンビームCTは3,390円です。(ヘリカルCTはその性能により料金が異なります。)
総合病院に御紹介してCTを撮影して頂く事になった場合、CT以外にも色々な費用が発生してしまい、合計すると6,000円程度になります。
それと比較して、当院でコーンビームを撮影すると3,390円で済みます。約半額となります。

耳鼻科用CTの利点

以下のような時にはCTが必ず必要になります。

特殊な副鼻腔炎(カビや虫歯が原因)

副鼻腔炎(蓄膿症)は様々な原因でなります。細菌が感染することが大多数ですが、まれに真菌(カビ)や虫歯が原因でなることがあります。
普通のレントゲンでは、真菌(カビ)や虫歯が原因かどうかは分かりませんのでCTが必要になります。
もし、真菌(カビ)や虫歯が原因で副鼻腔炎になっているのであれば、通常の副鼻腔炎の治療では治りません。真菌(カビ)が原因であれば手術が必要ですし、虫歯が原因であれば歯の治療をしないと副鼻腔炎は治りません。
もし副鼻腔炎の治療を行ってもなかなか治らない時は、当院でCT検査を受けられる事をお勧めします。

蝶形骨洞の病変(視力が落ちる可能性)

副鼻腔は、上顎洞、前頭洞、篩骨洞、蝶形骨洞に分かれています。普通のレントゲンで上顎洞、前頭洞の病変はわかりますが、篩骨洞の一部や蝶形骨洞はわかりません。
頭痛や鼻水、鼻づまりがあって副鼻腔炎が疑われるのに、普通のレントゲンでは明らかな異常が見られない時に、CTを撮影すると篩骨洞や蝶形骨洞の病変が見つかることがあります。
特に蝶形骨洞には視神経が走っていますので、蝶形骨洞の病変をほったらかしにすると、目が見えなくなる可能性があります。

副鼻腔炎の手術適応

細菌が原因でなる通常の副鼻腔炎は慢性化することがあります。そうなると手術が必要になる時があります。
副鼻腔の手術をするべきかどうかを判断する時も最終的にはCTが必要になります。

副鼻腔や中耳の腫瘍(命に関わるかも)

副鼻腔や中耳の腫瘍なども発見することが可能です。命にかかわる病気があるかもしれません。

患者さまの時間的、経済的な負担を軽減するために…

今までは、そのような病気(真菌や虫歯が原因の副鼻腔炎や蝶形骨洞炎)が疑われたり、手術の適応があるかを判断する時は、患者様に総合病院をご紹介してCTを撮ってきてもらっていました。そうなると患者様に時間的、経済的に多大なご負担をお掛けする事になっていました。
当院でCTまで撮影できるようになると、わざわざ他の病院まで行かなくてよくなり、時間的、経済的な負担をかなり軽減することが可能となりました。少しでも患者様のためになれればと思いCTの導入を決断いたしました。鼻や耳の症状でお困りの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

耳鼻科用CTの安全性について

副鼻腔を撮影対象とした場合、一般的なヘリカルCTと当院のコーンビームCTを比較すると実効線量は約5分の1です。

ヘリカルCTと比較して、被ばく量が極端に低い

放射線の量比較図

PAGE TOP